自動車に表示するマークというのは色々なものがあります。定番の物だと初心者マークでしょう。また、高齢運転者マークもよく知られているものの一つです。こちらの場合は平成23年にデザイン変更がされたため、人によっては新しいマークを理解していないことが考えられますが、きちんと把握しておくことで運転する際により良い運転ができますので、こういったジャンルの知識は持っておいた方が良いでしょう。
ちなみに、平成20年に導入された物に「聴覚障害者マーク」という物があります。初心者マークや高齢運転者マークほど目にする機会も少ないため、まったく知らない人もいるかもしれませんが、知らないと気を付けることができませんので、こういったマークがあるのを覚えておくことが大切です。
なお、このマークは蝶に見えますが、聴覚と言うことで耳の形をモチーフとして作られていますので、覚えやすいとも言えます。ちなみに、マークは表示をしなかった場合は減点、罰則金が課せられますが、表示している車に対して、割り込んだり幅寄せをした場合、交通違反となります。
聴覚障害者、またそうでない周りの人、みんなが危機意識を持って安全で思いやりのある運転を心がけることが大切です。