初心運転者を保護しよう

| 未分類 |

自動車の運転は、1トン近くもある鉄の塊に乗って操縦するわけですから、当然危険性のある行為です。それだけに誰でも運転し始めの頃は緊張するものです。

そして長く乗っているうちにだんだん慣れて、安全運転ができるようになるものです。ですから、路上で初心者のドライバーを見かけたら(マークをつけることが法律で義務付けられています)、優しく対応してあげるのがマナーです。

こうした車に対して幅寄せをしたり、割り込みをすることは道路交通法違反になりますので、行ってはいけません。

後ろから煽るような行為もビギナードライバーを萎縮させてしまいますので、行うべきではありません。

一方、ビギナーのドライバーも安全運転をするために、いろいろと気をつけたほうがよいことがあります。例えばあまりに速度を落として運転すると、法的には問題がなくても、後ろの車がイライラしてしまうものです。

そこで、なるべく他の車と同じスピードを出して、流れに乗るようにしましょう。後ろの車が何台も連なってしまう場合には、道路脇に自車を止めて、後続車を先に行かせるという方法もあります。

このように他の車との兼ね合いがあるので難しいところですが、慎重に運転するのはビギナーのとても良い所ですよ。