初心者マークの運転手は不慣れですから、運転する能力が認められ許可を持っていたとしても、上級者は初心者をフォローする運転を行う必要があります。
車の運転は経験を積むと体で覚えるので、時間が運転に対する恐怖を克服させますし、複雑な交通状況にも対応出来る能力が身に付き、新たな経験者として新しい初心者を助けられる様になります。
必ずしもマークを付けたドライバーが初心者とは限りませんが、初心者が乗っている事を前提に対応する事が大人のマナーなので、困った状況に陥った初心者が居る場合は、さり気無いフォローがお互いの為になります。
相手には安心が与えられ、フォローした側には評価される理由がありますから、お互いにメリットがある運転手の共通意識が重要です。
マークを付ける事には理由がありますから、自信があったとしても運転経験の浅さが初心者の理由ですし、経験を積む期間を定める事が全てのドライバーに大切なので、能力と経験に応じた行動が大切です。
高齢者に対しても初心者と同じフォローが必要になる事が考えられますから、初心者の様に過保護なフォローを行いがちですが、車の運転が長い高齢者はプライドが高いので、下からの目線で接する事が穏やかな問題解決を達成します。