自動車における身体障害者マークの意味は、身体障害を持っている人が車に乗っていることを示しています。肢体不自由であることを理由に運転免許に条件を付されている事を証明しているマークでもあります。注意が必要な点は、あくまで「身体障害を持っている人」である点です。内部疾患や視覚・聴覚障害者は対象外で、別のマークを所有する必要があります。マークを表示しないことによる罰則規定は存在しませんが、周囲のドライバーに示す重要なマークであるため、表示することが大切です。また、このマークを表示する車には、「初心運転者標識」「高齢運転者標識」「聴覚障害者標識」と同様に、車両を保護する義務があります。そのため、幅寄せや割り込みなどの危険行為を行った場合には、処罰が下されることもあります。類似するマークとして、「国際シンボルマーク」があります。しかし、このマークは自動車には関係のないものであり、建築物や施設に表示されるためのものです。そのため、自動車に表示されていた場合は、意味を持ちません。このように身体障害を示すマークを表示している自動車には、周囲の配慮が重要になっています。このようなマークをみかけたら、いつも以上に注意した運転が必要です。