安全確認と合図・警音器

| 未分類 |

車を運転する際に、常に安全確認が必要となります。その時に、ミラーだけで確認するのは大変危険です。運転席に座っていると、ミラーだけでは見えない死角という部分が必ずあります。なのでミラー確認だけでなく、きちんと目視もする必要があります。また、進路変更など自分の走行している車線以外に行きたい場合は、きちんと安全か確認をしてから合図を出します。合図を出した後も、その直後に車線変更をするのではなく、もう一度きちんと安全か確認する必要があります。また、車についているクラクションと呼ばれる部分の警音器ですが、これはむやみに使用してはなりません。歩行者や他の車が邪魔だからといって鳴らすことはしてはなりません。通行人に警音器を鳴らすことで、その音に驚いてしまったり、せかしてしまったりと、とても危険です。この警音器を使用する時は、基本的に急な坂道の走行や、道幅が狭く対向車とのすれ違いの時に危険だなと思う場所などで使用します。それ以外は天候が悪く霧などで前方が見えにくいといった際に、自分が通過することを知らせるために使用します。警音器が必要な区間では、標識が出ているのでその区間ではきちんと鳴らして知らせましょう。