安全確認の流れ

| 未分類 |

速度が出る車は安全確認が必要なので、ルールを守って十分な確認を行います。
車にミラーが設置されている理由は運転手にとって常識ですし、障害物や問題の確認を行う為に必要ですから、車の運転を行う場合に無くてはならない存在です。
通常サイズの自動車であっても、小さな子供が隠れる空間はあるので、確認出来る方法がある事が重要です。
目視は更に安全確保に役立ちますから、車の発進前に行う事が必要ですし、事故を起こさない十分な確認が安全を守ります。
それぞれには利点があるので、長所を活かして確認に利用する事が人命と愛車を守る事に繋がります。
大型車両は死角が多いですから、特に確認作業は念入りに行う必要があり、目視で確認出来る範囲は目で見る事が大切なので、車の設備では確認出来ない範囲をチェックします。
モニターも車の装備として普及していますし、車内に居ながらバックの確認は行えますが、見えない範囲はありますから、最終的に自身の目が頼りになります。
停車を行う場合も確認作業が必要で、前進する場合はフロントガラス越しに確認が容易ですが、バックする場合は間接的な確認を行う事になり、直感的ではない作業で安全性は目視に比べ劣ります。