安全確認のコツ

| 未分類 |

交通事故を防ぐためにはしっかりと安全確認をすることが欠かせません。そのコツをご紹介します。

まず、自動車を運転する際には前だけでなく、側方と後ろの状況も把握しないといけません。例えばすぐ後ろに車がいるのに急ブレーキを掛ければ衝突される危険が高いですし、車線変更する際には隣車線に車がいるか、その後ろの車との間隔は、といったことに注意しないといけません。

そこで、右への車線変更の場合にはルームミラーとドアミラーを使って、後ろと右後方をチェックします。その上で右車線に自車が入れるスペースがあるか、その後ろから来ている車の距離とスピードは大丈夫かをチェックします。

さらに、ミラーだけでなく目視も行いましょう。ミラーには映らない死角がありますので、それを実際に目で見ることで補うためです。

そして右ウィンカーで右車線に入りたいという合図を出します。その後も大丈夫な状態であれば、いよいよ右車線に入ることになります。

次に交差点での左折や右折の際のコツをご紹介します。これも車線変更と基本的に同じで、交差点の手前でまずはミラーと目視で安全確認をします。

そして交差点の曲がるところの直前でも安全確認をします。この際、左側を首を振って目指しましょう。これは巻き込み事故を防ぐためです。