自動車は速度を出せますし、重さもとてもあります。それだけに歩行者にぶつかってしまえば、大きな事故になりかねません。

ドライバーご自身の生活を守るためにも、事故を避けるためにできる限りのことをする必要があります。といっても難しいことではありません。いくつかの点を習慣にして、横断中の歩行者を保護しましょう。

交差点はたくさんの車やバイク、自転車、歩行者などが混在していますので、とても危険な空間です。そこで歩行者を保護するためには、横断歩道と自転車横断帯付近では特に、注意を払うことです。

例えば、その付近では歩行者や自転車がいないか、飛び出してきそうではないか、といった点をチェックします。

そして歩行者や自転車が横断しようとしていれば、迷わずその手前で停車して、先に行ってもらいます。また、歩行者や自転車がいないと判断しても、交差点ではスピードをしっかり落としましょう。

そうすれば、仮に見落としがあった場合でも被害を最小限に抑えることができます。

歩行者や自転車に乗っている人が小さな子供や高齢者だった場合、思いもよらない行動を取ることもありますので、さらに注意します。こうした習慣を身に付ければ、交差点での悲劇を防ぐことにつながります。